<< 貝の季節 その1 初夏の串ネタ その3 >>
食は命あってつなぐモノ
さっき口蹄疫の記事をWEBで見ました。

被害が拡大しているみたいですね。

毎回、口蹄疫のニュースを見るたびに

沢山の牛や豚が殺処分され、埋却していますね。

今まで、自分たちが安定的に食すことができたのも

畜産農家の方々が労力されてきたおかげで

その命を頂いて、自分たちは生かされてきたのか!

と度々考えさせられます。

なりたくもない病気になり、消費する側の人間の都合で育てられ

危険であれば、命を絶たれる。

同じことであれば、何かの形で役に立って命を終えた方がいいのでは?

一つの命を頂いているだけでも、ものすごいことなのですが・・・

早期の終息を願うばかりです。
[PR]
by kusi_take | 2010-06-11 01:11 | 気になってること | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kusitake.exblog.jp/tb/12785002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 貝の季節 その1 初夏の串ネタ その3 >>