<< お客様のご要望からの化学反応 白州森薫るツアー >>
白州森薫るツアー 最終回
前回のつづきです。

次は樽の貯蔵庫へ車で移動です。

ドアを開けると、樽香漂うアロマの香りが

まずは樽の種類の説明

庫内に入ると冷んやり

春夏秋冬での寒暖差が熟成に適していて

特徴でもあるそうです。

お客さま方も、興味津津のご様子です。

見学コースは以上となりまして、セミナールームへ戻って

山崎・白州の構成原酒をテイスティングです。

こちらも貴重な体験で、内容はマニアック!!

バーテンダー向けの内容となっており、普段口にすることない原酒と

ウイスキーの構成を聞きながらの貴重な体験となりました。
e0189069_2122854.jpg
e0189069_21104830.jpg
e0189069_2131324.jpg
e0189069_213562.jpg
e0189069_2164299.jpg
今回、お客様と同行しての蒸溜所見学

私たちといたしましても初の試みで、貴重な体験となりました。

この場を借りて、お客様とご協力頂いた

蒸溜所の方々、担当営業様に御礼を申し上げます。

当店ではノンビーテンジ、10年、12年、18年、シェリーカスクと5種類の白州をご用意しております。

また、3月終買となりました10年におきましては数量限定でボトルキープも承っております。

串揚げと相性の良い、白州森薫るハイボール

是非この機会に、召し上がってみてください034.gif
[PR]
by kusi_take | 2013-04-13 11:51 | お酒の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kusitake.exblog.jp/tb/20206839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お客様のご要望からの化学反応 白州森薫るツアー >>