<< 5月は新茶で八十八夜 その2 4周年記念イベント 超達人店『... >>
5月は新茶で八十八夜
新緑の五月

端午の節句や新茶の時期となり

季節の入れ替わりと、本格的な春の訪れを

感じることのできる季節となってきました。

そんな中先月末、静岡牧ノ原台地に

当店で使用しているお茶業者様のご紹介で
茶畑・生産農家見学と、茶摘み体験。
e0189069_14411569.jpg

e0189069_15163193.jpg

前日まで雨や霜で収穫できなかった日が続いていたそうで
私たちが訪問した日は快晴で、あちらこちらで茶摘みをしていました。
まだ、4月の後半ということいもあって、茶葉の色は浅かったのですが
これから青々しいくなってくるそうです。
今回は体験ということで道路側でやらせてもらいましたが、
普段商品としては使用しません、その為か道路側の茶葉は茎も葉も固くなっていました。
まずは名人にご指南頂き、茶摘み名人の技はこちらをごらんください。
e0189069_1519621.jpg

e0189069_15222476.jpg

女将(妻)も無心に摘んでいましたが、ぱっと見ると『食べてる?!』
お昼近く、お腹がすいてきたようです (笑)
e0189069_15542573.jpg

この後は、農家さん宅で休憩と茶葉料理の試食をして
生産工場の見学です。
続きは、次回・・・


立春から88日の5月の立夏前、八十八夜は

「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように

遅霜が発生する時期で、一般に霜は八十八夜ごろまで遅霜の被害が発生する地方もあります。

そのため、農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られたそうです。

八十八夜は節分やお彼岸のように、日本独自の雑節なんですね。

この時期に摘んだ茶は上等なものとされ、

この日にお茶を飲むと長生きするともいわれています。

当店ではこちらの茶葉を使用したお茶はもちろん

茶葉を素揚げにして、おつまみでお出しいたします。

新茶の香りと程良いえぐみ、噛むほどに甘みが増してきて

体にも良い、茶カテキンを直に食せます。

本日産地より到着しておりまして、量にも限りがございます。

一般的には流通していない、生茶葉!!

是非この機会に、おたのしみくださいませ
034.gif
[PR]
by kusi_take | 2013-05-01 16:17 | おしらせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kusitake.exblog.jp/tb/20412282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 5月は新茶で八十八夜 その2 4周年記念イベント 超達人店『... >>