<< 5月は新茶で八十八夜 最終回 5月は新茶で八十八夜 >>
5月は新茶で八十八夜 その2
前回の続きです。

牧之原周辺の茶畑から収穫した生茶葉は
こちらの工場に皆さん持ち込んで、加工されお茶になって行きます。
e0189069_16213020.jpg

帽子をかぶって、いざ工場の中に!
こちらの帽子、出てくるころにはお茶の粉でいっぱいでした。
e0189069_16251637.jpg

昔は、各茶葉農家さんごとに、蒸し・もみ・乾燥などすべて自分たちで行っていたようですが
現在は組合で集約して、各分業になっているのが主流だそうです。
e0189069_16273074.jpg

e0189069_16285928.jpg

e0189069_16304840.jpg
e0189069_1632338.jpg

集められた茶葉は大型の蒸機を通って揉みと、乾燥へと続きます。
e0189069_16412924.jpg

これで出来上がったお茶葉はあら茶といって
茎や葉なども混ざった物でまだ、商品にはなっていません。
こちらのお茶も飲ませていただきましたが、濃いタイプの飲み口で農家さん達がご自身で飲まれるそうです。
この後、当店が使用してますお茶農家さんの加工場と製品化するまでの検茶と保管出荷工場へ移動です

また、すいませ!
続きは次回・・・
[PR]
by kusi_take | 2013-05-02 16:48 | 気になってること | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kusitake.exblog.jp/tb/20418742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-05-10 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kusi_take at 2013-05-16 00:04
渡邉さん
いい体験でした。
来年は皆さんと行けるといいかな?と‼
<< 5月は新茶で八十八夜 最終回 5月は新茶で八十八夜 >>